井吉梅央の菊根分BLOG

井吉梅央の菊根分BLOG

交互に望める理想のエクササイズ

| 0件のコメント

私の嗜好は自転車で、それについての健康維持とシェイプアップについて紹介したいと思います。

泳ぎと自転車は有酸素運動と無酸素エクササイズが、交互に望める理想のエクササイズと言われています。
これはシェイプアップにおいても、ずいぶん効果的な結果、自転車においては通常のダメージで脈搏数字を平均に保ちつつペダルをこぐエクササイズが、有酸素運動。

また大きいダメージで一時的に脈搏数字を上げ、ダンシング(サドルから腰をあげ体躯を表現に揺らしながらおっきいスピードアップと速いテンポを生みだす走法)しながらこいだり講じるエクササイズが無酸素エクササイズになるかと思います。

これが自転車を走るなかで前述の有酸素運動という無酸素エクササイズになり、シェイプアップって成長になり、ロングライドの中で身は、フラットのシンボルレベルがない縁側や、小さな坂道でダンシングを行い、脈搏数字を故意的にあげ、また一定の速度に戻し、走り回るといったことを行いました。

自転車は嗜好でやっていたので、そうう言うことを加える状況にあたって面倒やダメはそこまで感じず、かえってロングライドのマンネリ化を防いだり、スパイスにもなったりしました。
こんなこんなを続けていく中で、少しづつ体のチェンジも見えてきました。

予め肺活量が目立ち、坂道で息づかいがあがりにくくなりました。脈搏数字もここらなしか大きいパーツを割りとキープできるようになりました。これはライフサイクルで健康維持にもくっつき、駅舎で列車に跨るために駈け歩きをするといった少しのエクササイズが苦にならなくなりました。

ここから自分なりのエクササイズの良い連鎖が年令ウエイトが逆に増えました。
およそ代謝がよくなり、筋肉がついたからかと思います。

しかしながらブリーフのボリュームは少なくなったので、ずいぶんありがたくもらい、結果的に健康維持・シェイプアップになったのではないかと思います。ピル通販

コメントを残す

必須欄は * がついています