井吉梅央の菊根分BLOG

井吉梅央の菊根分BLOG

皮膚がつるつるになると聞いたから

| 0件のコメント

幼い頃のわたしの土産に、家の女房がアロエを日々一本一本切り取っては、その特性をべたべたに風貌に塗っていたという、些か怖いものがある。
皮膚がつるつるになると聞いたからという、単純な背景だったという。確かに周りに比べれば卵皮膚だったように思うが、本当の効果は思い付か。
さて、時は流れて、前年1月下旬辺り、きっかり自治会の正月会で知り合ったばかりの、町内における床屋の親仁(後に70テーブル中点といった知る)のショップで
わたしはやっと髪を切って買うことにした。
古びた木造の床屋で、しかもそれなりの料金がするので、ヘアスタイルに無頓着なわたしはそれまで注意になろうは思わなかった。
ただし、何だか気になり、お店に行き髪を切ってもらった収益、ヘアスタイルがいつもの1000円縮減よりも至って素敵なものになったのはやはりですが、
ビジョンを通していなかった程の大きな実りを手にすることになった。
いかなることかというと、髪を切ってもらっている頃、わたしは鏡に感じる親仁の髪のふさふさ実態、白髪は混じっては要るものの、
クラスに不相応な黒髪の気配が必ず気になって行為なかった。まもなく40歳になるわたしはいまや生え際の低下、そして白髪が際立ち始めて
いたからです。わたしは少々逡巡したが、思い切って親仁に聞いてみた。
「親仁、髪ふさふさですね。何か特別なこととかやってるんですか?生え際も30値段のわたしよりもしっかりしているし、白髪も異常に少ないですよね。」
そうなると親仁は、「否、思い切りおっしゃるんだけれどね、こちら髪も染めていないし、育毛剤とかも使ってないんだよ。ただ並みと比べて違うことをしていると言えば、
日々アロエの肉を食べて、ゆとりは髪の生え際に塗って掛かるって事柄ほどかな。客人のお宅に生えているものを持ってきてくれるから、全てただなんだよ」と笑顔で教えてくれた。
あの昔に女房が塗っていた品か!というわたしは衝撃を受けた。確かにアロエジュースやアロエヨーグルトなど、巷ではよく見かけるけれど、そこまでは。
先日白髪が多くなり、どうもM字が気になってきたわたしとしては、ほんの少しでも効果があるなら、という考えだったのだと想う。
とっとと、近くのホームセンターといったホームページ買物でアロエベラというキダチアロエの二種類を5鉢ほど購入した。
そうして、一本ずつ切っては、2、3センチに切り分け、間のゼリー状のものを食べ、内側の余った部分は髪の生え際(M字が進んできたコンポーネント)に塗り、
皮はとげを切り落としたコンポーネントをはちみつに付けて食べた。残る部分はラップにくるみ冷蔵庫に格納やる戦略をとった。
その人生を3か月ぐらい続けたところ、M字の部分に僅か下ごしらえが見られた。髪クォリティーが明らかに変わってきたのだ。以前の細い、弱々しい感じではなく、
弾性というこしが出てきた。そうして、二度と3か月ぐらい経った際、今まで無かった部分にも僅かではあるが毛が生えてきた。
目下、通年って1か月が経つが、M字だったコンポーネントが明らかに無くなってきて、しかも白髪もパーフェクトではないが、前年に比べると生える度合いが
落ちてあるシチュエーションです。こういう2月で39年齢になったが、カテゴリーを取って白髪が減少しているのであれば、効いていると考えて良いのではないかと想う。
当然、それぞれの人の生活や食べ物、アロエとの性格、とりわけアレルギーなどは考慮すべきというが、もしもそのあたりがクリアできる
ヒトであるなら、トライしてみる美味はあるとおもう。わたしはこれからもアロエ人生を続けようと思っている。
そうして、床屋の親仁のように、70年齢、80年齢になっても、ふさふさのダンディーさを保っていたいという。産後の抜け毛

コメントを残す

必須欄は * がついています