井吉梅央の菊根分BLOG

井吉梅央の菊根分BLOG

社会人になってからも少しの間バスケットボールを続けて

| 0件のコメント

我々は高校生卒業後、社会人になってからも少しの間バスケットボールを続けて来ました。
実行を通していた間は、全部ダイエットのには無縁の生活を送っていましたが、傷が原因で辞めてしまってからは、ムーブメントはしないのに食欲はまるっきり衰えず、肥える一方になってしまいました。

それも少ししか食べていないのに、太りやすい慣例にまで変わってしまったのです。
そこから私のダイエット人生が始まりました。
一食入れ換えダイエット。
りんごダイエット。
炭水化物除外ダイエット。
サプリメントダイエット。

ただしムーブメント不良での拡大の為か、どれも結果には繋がらず、原則リバウンドして仕舞うはめになってしまったのです。
ダイエットは千差万別グループが違う結果、その人に合ったダイエットを調べることが繁栄の要領!という読物の言葉が視線に入り、では自分に当てはまるダイエット作戦を探すことから始めました。

私の形式、今まで自分勝手食べて来たので食事制限をすると葛藤で逆効果に関してに気が付き、正しく摂ることを先ず環境にあげました。

さらにが、仕事の関係上規則正しく3食を食べることが出来ないことと、均整やカロリーを考えて摂るような煩わしいことが長続きしないダメな人材ということも考えて、わずか1つ当たる作戦を探し当てることが出来ました。

それが、「8歳月ダイエット」だ。
これは毎日の中で、8歳月にかけだったら何を食べても喜ばしいというものです。
たとえば、昼前10ら朝めしを食べたからには、その8歳月後の夕暮れ6内までなら食べてもいい。
ということです。

これならモーニング歳月や真昼歳月がばらばらも、完了歳月だけが合っていれば良いので、私の生活にも合いますし食べたい雑貨も食べれることが出来るので、さっぱりストレスを感じずにダイエットが出来るのです。

8歳月ダイエットを通してから約ひと月間で、-3間隔のダイエットに成功しました。
今も続けていて、合計で-6間隔だ。
これからも、8歳月ダイエットを続けていきたいと思います。アドエア

コメントを残す

必須欄は * がついています